いぼ痔になった後の対策は?

いぼ痔になった後の対策って、どんなことがあるんでしょうか。いぼ痔の原因って、肛門周辺の静脈の流れが悪くなって、うっ血していることなんです。つまり肛門部に負担を掛けることです。その大きな原因のひとつが便秘なんです。このいぼ痔は静脈がうっ血した状態なので、温かいお風呂に浸かって血行を良くする事も対策としては効果的なんです。シャワーで済ませるよりも、いぼ痔の症状が出ている時はお風呂に浸かるのが良いですね。

でも、痔ろうなど化膿している時には、温めることは逆効果のようです。それと、便秘を解消し、お通じを良くすることも対策のひとつです。硬い便でいぼ痔に傷が付くとそこから出血し、化膿してしまう場合があるようです。ですから、日常の食事に食物繊維を多く摂取するなど食生活の改善とし、出来るだけ喫煙なども控えて不摂生を改善し、規則正しい生活を心掛けることもいぼ痔改善の為の対策法です。

又、身体を動かすことでいぼ痔が擦れて痛みを感じる場合があるんですよね。このような場合は軟膏等を患部に塗布して滑りを良くしてあげのもいぼ痔にはいいのでは。それに、デスクワークなどで一日中座りっぱなしというのは、いぼ痔には辛いので、少し歩いてみたり、軽く運動するなどして同じ姿勢をとり続けないよう心がけていきましょうね。また、痛みがあって座っている姿勢が辛い時は、ドーナッツ型座布団を利用するのも効果的ですよね。 辛いいぼ痔ですが、早期に改善されると良いですね。このいぼ痔対策が少しでもお役に立てれば嬉しいのですが・・・

関連記事
いぼ痔の原因
a href="http://nayami-tedasuke.seesaa.net/article/70697933.html" target="_blank">いぼ痔の症状
いぼ痔 内痔核の治療法とは
いぼ痔 外痔核の治療法とは

 


スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。