痔ろうの原因や症状って?

痔ろうの原因や症状って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。痔ろうって言うのは、直腸と肛門周囲の皮膚を繋ぐトンネルができる痔のことで、肛門周囲に膿が溜まる肛門周囲膿瘍(こうもんしゅういのうよう)が進んで、慢性化すると痔ろうになるようですね。

痔ろうの主な原因は、下痢等によって肛門の組織に細菌が入り込む事とされているようです。直腸粘膜と皮膚の境目を歯状線と言うようですが、この歯状線には、肛門陰窩(こうもんいんか)と呼ばれる上向きのポケットがあり、粘液を出す肛門腺と呼ばれる腺があるようです。

小さな窪みなようなので、普通はここに便が入り込むことはないようですが、下痢をしていると、便が入りやすくなるようで、肛門腺に大腸菌等の細菌が入り込むことがあるようです。この肛門腺に大腸菌が入った場合に、付近に傷が有ったり、体の抵抗力が弱っていたりしていると、感染を起こして化膿し、肛門周囲膿瘍になるようです。更に肛門周囲膿瘍が進行し、肛門の内外を繋ぐトンネルができると痔ろうとなるようですね。

主な症状としては、先ず、肛門の周囲が化膿して膿が溜まり、腫れてズキズキと痛み、時には38〜39℃の発熱を伴うようです(肛門周囲膿瘍)。肛門周囲膿瘍が進み、溜まった膿が出ると症状は楽になるようですが、膿のトンネルが出来ているので(痔ろう)、常に膿が出たりするようですね。

主な症状としては、
・肛門の周囲が腫れてズキズキとした痛みがある
・発熱(38〜39℃)がある
・お尻が熱をもっている
・お尻から、膿が出ている
などの症状がみられるようです。

こうした痔ろうや、その前段階の肛門周囲膿瘍は、市販薬では治す事ができないようです。なので、これらの症状が疑われたら、なるべく早く専門医を受診して下さいね。

楽天で見る⇒痔ろう 原因

関連記事
妊娠中に脱肛する原因って?
脱肛って?
痔ろうの手術って?
痔ろうってどんな痔なの?
あな痔ってどんな痔?
いぼ痔ってどんな痔?
切れ痔ってどんな痔?


スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。