痔ろうの手術って?

痔ろうの手術って?と、気になってる方もいらっしゃるかもしれませんね。皮下痔ろうを通常T型痔ろうと言うようですが、痔ろうは、括約筋との関係によって、T型〜W型に分類されるようですね。そして、数字が大きくなるほど深く筋肉を巻き込む形となるようです。

痔ろうとひと口で言っても、単純で簡単なものから、複雑で難しいものまで様々あるようで、当然、治療や手術の難しさも全く違ってくるようです。つまり、痔ろうだからと悲観する必要はないようで、むしろ単純で浅い痔ろうは手術も簡単で後遺症も殆どないようで、術後の痛みも意外に少ない方が多いようです。

ですが、痔ろうは、その型分類の診断が難しいようで、浅い痔ろうだと思われて手術をしたのに治らない、ということがあるようですね。つまり、痔ろうの場合は、きちんとした型(程度)診断が一番必要であり、且つ重要なようで、その為、専門医での診療が必要な病気なようです。

手術方法には、浅いものには再発を起こさないことを重視した開放術式を行うようですし、深いものには括約筋機能を残すことを主眼に置いた括約筋温存手術を行うようです。

開放術式は、痔ろうのトンネルそのものを切り開く形で行うようで、これは術後の再発がないようですが、痔ろうに巻き込まれた筋肉も開かれる形になるようで、浅い痔ろうにしかできない手術なようです。これに対し、括約筋温存術式では、痔ろうをくり貫いて、後を縫い合わせ、上に粘膜を被せて細菌が入らないようにするという手術になるようです。

痔ろうを全部くりぬくか、途中までにするか。又、くりぬいた痕があまりに大きければ、外から組織を持ってきて埋め込んだりと、痔ろうの状態に応じていろいろな方法があるようです。ですが、いろいろな理由でくりういたところが上手くくっつかないこともあるようですね。

もし、くっつかなければ、次の治療を進めたりなど、痔ろうの術後も、きちんと経過観察、及び、早期判断治療をしていく必要があるようですね。

楽天で見る⇒痔ろう 治療

関連記事
妊娠中に脱肛する原因って?
痔ろうの原因や症状って?
痔ろうってどんな痔なの?
あな痔ってどんな痔?
いぼ痔ってどんな痔?
切れ痔ってどんな痔?


スポンサードリンク


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。