いぼ痔 イボ痔

いぼ痔(イボ痔)、痔核(内痔核・外痔核)って言うのは、肛門周囲に分布する静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血し、出来たコブが痔核と言われるもので、一般に、痔でお悩みの殆どの方が、このいぼ痔の痔核で苦しんでいるんです。一般に、外から見えるいぼ痔の痔核を外痔核と言い、肛門の内側で、普通の方法で外から見えないいぼ痔の痔核を内痔核と言います。

肛門の歯状線(しじょうせん)あたりには、細〜い静脈の塊があるんですが、これは、普通では、肛門のクッションの役割をしているんです。ところがです。色々な原因で、静脈の流れが悪くなると、その部分が膨らんで、球のようになってしまいます。これがいぼ痔の内痔核なんです。肛門の神経は敏感で、痔核が神経を圧迫すると、激しい痛みを感じます。

排便の時、肛門は拡張するんです。が、痔核は健康な部分のようには拡張出来ないんです。それで、排便時に、いぼ痔の痔核が裂けて出血を起こしてしまいます。この部分に細菌が感染すると、痔核は炎症をお越し、腫れ上がり、激しい痛みの為、動けなくなる事があるのでご用心!更に、いぼ痔の内痔核は、徐々に肛門外へ脱出していきます。これが、外痔核へと発達していってしまうんです。

いぼ痔の内痔核は、痛みがあまり無いんですが、出血はしやすく、外痔核は、出血は少ないんですが、痛みがある、という特徴があります。ホントに稀なんですが、いぼ痔以外の病気の時もあり、初期の段階であっても、病院に行って、いぼ痔以外の病気に掛かってないか確認することも忘れないように・・・。一日も早くいぼ痔が良くなられますように・・・。

関連記事
痔にはどんな種類があるの?
痔の種類って?
いぼ痔(イボ痔)外痔核と内痔核の違い
いぼ痔
いぼ痔の画像


スポンサードリンク


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。