子供も痔になる?

子供も痔になる?ん?って思われるかもしれませんね。痔って、大人が罹る病気だと思われがちのようですが、実は、子供も痔になる事があるようですね。赤ちゃんや幼児は大人と違って、肛門の大きさが小さく、裂けやすいようです。その為、硬い便や大きめの便だと、肛門の粘膜が切れて出血する事があるようなんです。切れたり裂けたりすると、やはり痛いので、排便する事を我慢してしまう場合が多いでしょうが、我慢する事で、更に便を硬くしてしまう為に、悪循環になってしまうようですね。そうならない為には、どうすれば良いんでしょう?

まず、昔とは大分変わってしまった食生活を見直す必要があるかもしれませんね。そのような症状が出て病院へ行けば、飲み薬や軟膏を処方してもらえるようですが、食生活を変えないと、便の硬さなどは改善されないんですよね。最近の子供は、好き嫌いが激しいようで、食生活の偏りが多く見られますよね。改善するには、やはり、食物繊維を多く摂取する事が有効だと思うんですが、子供はなかなか食べてくれなかったりしますよね。そんな時には、ヨーグルトやバナナ、野菜ジュース等を使って、なるべく食物繊維を多く摂らせて、便が柔らかくなるようにコントロールしてあげると良いですね。食生活以外でも、赤ちゃんの時などは、オムツが原因で痔になる事もあるようで、膿が出たり、患部が赤く腫れたりという症状が見られるようですね。生後から一才になる位の男の子によく見られるようです。その場合は、病院へ行き、治療してもらったら、オムツを頻繁に交換したり、消毒液などを使って清潔に保ってあげるのが良いようです。痔は一度切れてしまうと、何度も同じ症状を繰り返す事があるようなので、根気よく治療していく事が、とっても大切なようですね。

関連記事
子供のいぼ痔?
いぼ痔 イボ痔
イボ痔とは
いぼ痔の画像


スポンサードリンク


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。